新型コロナウイルス感染症への対応につきまして

おしらせ

いつも神戸日仏協会をご利用いただきありがとうございます。

新型コロナウイルスに罹患された方々やその関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
世界各地で治療や感染予防にご尽力いただいている方々に、心からの感謝と敬意を表します。
影響を受けた方々の1日も早いご回復と、感染の早期終息を心よりお祈りいたします。 

緊急事態宣言解除に伴い、事務局および対面でのフランス語講座の運営を6月15日(月)より再開いたします。

当協会は、緊急事態宣言明けも新型コロナウイルスに対する感染防止と安全確保を最優先に、対応を実施してまいります。 

当協会での対面授業再開における、感染対策について

政府が提唱する「新しい生活様式」及び大阪府が発表しました「感染拡大予防にかかる標準的対策」に基づき、当面の間、ご来館につきましては以下のとおりご協力をお願いいたします。 

  • 飛沫感染防止対策として、当協会より全会員受講者様にフェイスシールドを配布いたします。ご自身で保管・ご持参をお願いいたします。
  • 入室前の手洗い、手指消毒及び検温にご協力ください。  
  • ご来校時はマスク着用を原則といたします。 各自でのご用意をお願いいたします。
  • お手洗いをご利用後の手指消毒徹底にご協力ください。  
  • 受講生さん同士の距離をできるだけ確保するため、授業の定員を抑えさせていただきます。 
  • 授業中は換気をできる限り行います。寒く感じることもございますので、温度調整のできる服装のご用意をお願いいたします。 
  • 授業後の施設消毒(机・椅子等)にご協力をお願いする場合がございます。 
  • 密集を避けるため、早めの来館は避けていただきますようお願いいたします。

また、下記症状がみられる場合や体調の優れない方は参加をお控えください。 

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱、咳、くしゃみがある場合 
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合 
  • 頭痛、咳込み 関節痛等いつもと体調が違う場合  
  • 味覚障害を自覚されている方
  • 嗅覚障害を自覚されている方
  • 感染者または感染が疑われる方との接触があった方 

当協会における新型コロナウイルス感染予防に対する取り組み 

  • フロント仕切りの設置 
  • 出勤時、スタッフの検温/体調の管理の徹底 
  • 全スタッフがマスク/フェイスシールドを着用 
  • 十分な消毒を実施
  • 常に扉を開放し、常時換気を実施 
  • 全会員受講者様にフェイスシールドを配布。
  • 講師の前に透明ビニールパーテーションを設置。

さらに、外出にご不安を感じられる方のために、開講数を減らしてではありますが、オンラインでのフランス語講座も継続いたします。

オンライン講座のプログラムは追ってご案内いたします。
ぜひご検討くださいませ。

クリック/タップでPDFが開きます

未曾有のウイルス蔓延の状況により、今後の流れが不透明な中ではございますが、さらなる感染予防対策をしていくとともに、誠心誠意、対応して参ります。

皆様におかれましても、体調を崩されないようくれぐれもご自愛ください。

コメント