モリエール「守銭奴」を関西弁で!ピッコロ劇団の新作「銭げば!」公演

フランス古典喜劇モリエールが関西弁に!?
ピッコロ劇団の新作「銭げば!」

ピッコロ劇団の第64回公演「銭げば!」が、ピッコロシアター大ホールにて5月24日から上映されます。
原作は、フランス古典劇の代表作家モリエールの傑作「守銭奴」。
台本・演出は、
兵庫県出身で、関西で人気を博する「空晴(からっぱれ)」主宰、劇作やテレビドラマ執筆でも活躍する演出家・岡部尚子さん。

軽妙な関西弁の会話劇で、ハートフルな笑いの中にも人情の機微を細やかに描き出す岡部さんが、ピッコロ劇団とタッグを組めば、17世紀の古典モリエールが “関西弁の人情喜劇”へと鮮やかに生まれ変わります。

「守銭奴」は、金に異常に執着するがめつい父親アルパゴンと、愛する人がいながら、金銭のために父親に望まない結婚を押し付けられている息子&娘の物語。
くせものの父親を乗り越えて、若者たちは好きな人と結ばれることができるのか!?

なじみ深い関西弁で、フランスの古典に触れる!
そんな貴重な体験、なかなかありません〜

ぜひこの機会をお見逃しなく。

 

 

開催日時:2019年5月24日(金)~2019年6月2日(日)

一般公演は5月24日・25日・26日・31日、6月1日・2日(開演時間は日によって異なる)

開催場所:尼崎市 ピッコロシアター大ホール(兵庫県)

入場料:一般=3,500円、大学・専門学校生=2,500円、高校生以下=2,000円 (全席指定)

ピッコロシアター ウェブサイト

投稿を作成しました 50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です